FC2ブログ

裸忍者の旅日記

通勤用に買い求めたバイクに魅せられて半年。よたよたしながらものんびり気ままに走っています。

Sort by 04 2011

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ヨーロッパドライブ  

ヨーロッパドライブ~序章~

2月にブログを始めながら、3月中は全く更新していませんでしたが、実はその間ヨーロッパに滞在していました。
今回は、以前からの夢だったレンタカーを借りてのドライブをすることにしました。
学生時代から海外に行くたびに国際免許を持っていき、レンタカーを利用してみようと思っていたのですが、教習所以来マニュアル車を乗ったことなかったことなどから、なかなか踏み切ることができませんでした。公共交通を利用した旅が好きだということもあったのですが。こんなことでは一生海外で運転することがないことになりそうなので、今回見切り発車的にレンタカーを予約することにしました。

どの会社でもよかったのですが、価格がお手頃だったハーツにしました。Bクラスという下から2番目のクラスを18日間のレンタルでお願いすると、フルカバーで1000ユーロほどになりました。今回は一人旅だったので、鉄道を利用するケースに比べると割高になりましたが、2人以上だと燃料費を含めても割安になるのではないでしょうか。

で、借り受けた車は、オペルのコルサ。
コルサ



私はあまり詳しくはありませんが、日本には導入されていない車種だと思います。当然左ハンドル。もちろんマニュアル車、というかヨーロッパの場合AT車のレンタルはかなり割高になってしまいます。両方とも公道ではほぼ初体験です。
そんなこんなで今回経験したヨーロッパドライブなのですが、時間ができればその内容を少しずつ報告していこうと思います。
(2011-04-29)
スポンサーサイト
Category: ツーリング  

感覚の麻痺?

季節も春になり、バイクも帰ってきたことなので冬の間がまんしてきた、紀伊山麓へのツーリングへ。
今回の目的地は、十津川村、下北山村、そして上北山村です。かの地に詳しい方ならおわかりになると思いますが、かの425号線を十津川から下北山に抜けて帰ってこようという算段です。

で、手始めに五條~ひたすら168号線を南下して十津川の果無(はてなし)集落へ。
果無集落
大阪からだと調子が良ければ2時間半ほどで到着です。
この果無。集落の真ん中を熊野古道の小辺路(こへち)が貫いていて(写真の真中を通る道がたぶん小辺路)、その絶景と世界遺産と書かれた石碑でそこそこ名の知れたスポットです。

果無とER-4n

ですが、そこに至る道もなかなか険しく、しかも道がわかりにくい!!
168号線を南下する前提で説明すると、「龍神方面に向かう425号線の分岐点のすぐ先にある赤い鉄橋を渡り、橋の反対側にある右側の脇道に入る。」でしょうか。
ツーリングマップルやナビサイトでも表示されない道なので、十津川の道の駅やGSで尋ねるかなんかしないとまず迷います。実際事前に訪ねておいた私もしっかり迷いました。

果無道
果無から帰る道はこんな感じ。
車同士の行き違いはけっこう大変かも。

場所柄、売店とか食堂とか全くないので、もしここで食事をしたいのであれば、先に購入しておくことをお勧めします。
めはり寿司
私の昼ご飯は道の駅で買っためはり寿司。
別に酢飯ではないので、要するに高菜のおにぎりです。

果無の後は、下北山村に向けて425号線を東へ、と思ったのですがなんと現在改良中で5月末まで全面通行止め。仕方なく龍神側に向かうことにしました。さっきの果無のふもとから西へひたすら進みます。
425号線からの桜
山間ということもあってまだ桜がちらほらと。

425号線と桜2
本当に今年は桜づくしです。

しかし、音に聞こえた国道425号線。走ってみると拍子抜けするほど普通な感じがしました。
425号線素掘りトンネル
確かに素掘りのトンネルとかあったりして、国道にしては道が狭く、ガードレールもありませんが、普段林道とかに突っ込んで行っていたせいか、全然酷道じゃない! と感じてしまっています。
去年よく行った野迫川村や和束町の方がえぐい道が多い気がします。
ただし、距離が全然長いのでその点が酷道たるゆえんなのかもしれません。
それか、すでに感覚が麻痺しているのか。

牛廻峠を越えて龍神側に入ったところの看板。
転落死亡
なんか妙に気に入りました。
(2011-04-26)



Category: 日記  

雨上がりの奈良路

昨日の大雨とうって変わって良い天気になったので、帰ってきたER-4nとともに今年最後の桜を見に奈良の宇陀に行ってきました。

ER-4n千年桜横
ちょうど、室生寺の近くにある滝谷花しょうぶ園では芝桜が見どころになっていると聞いたので、午前中にしょうぶ園に立ち寄った後、仏隆寺の千年桜をのぞいてみよう思いました。
いつもこの地域へは、南阪奈道路から高田バイパスを抜け、国道165号線を通って行くことが多いのですが、今回は少し気分を変えて、名阪国道の小倉インターからやまなみロードを抜けることにしました。
やまなみロードは眺望はそれほど望めませんが、のんびり流すにはちょうどいい道で、春の日差しを感じながらのツーリングとなりました。とはいうものの4月後半にしてはこの地域は少し肌寒く感じます。もっとも、だからこそこの時期でも桜を楽しむことができるわけなのですが。

花しょうぶ園の芝桜はまさに見ごろを迎えていて非常に愛らしい姿を見せてくれていました。
滝谷芝桜
しょうぶもすくすくと育っているようで、1カ月ほどしたらまた訪ねてみようかと思います。

次の目的地は仏隆寺の千年桜です。一般的には165号線を榛原まで戻って369号線に入ればすぐにつくのですが、それも面白くないと思い、室生トンネルを抜けて弁財天トンネルから戻ってみようということにしました。
ところが花しょうぶ園を出たところで道を間違えたらしく、宇陀市の龍口地区の林道に迷い込んでしまいました。初めのうちは落ち葉は多いがしっかり舗装されているので「こんな田舎道だったっけ?」と少し疑問に感じつつもバイクを走らせていたのですが、20分ばかり走ったところで舗装道路がなくなり完全なダートコースへ。それでも今までの道を戻るのも悔しかったので少しだけ進んでみたのですが、完全な岩場に入り込んでしまいました。
オフ車だったらもう少し頑張ったかもしれませんが、いかんせんER-4nは完全にオンロード使用なので、さすがに無理と判断し引き返すことにしました。ただ、判断が少し遅かったせいか、帰るのも一苦労。滑る岩場をオンロードタイヤで下らなければなりません。転倒もやむなしかとおもいましたが何とか舗装面までひっくりかえらずに帰ってこれました。今日はサイドパニアーをはずしていたのですが、もし付けていたら危なかったかも。
結局、もと来た道を帰らざるをえず、しょうぶ園まで戻って室生トンネルの方向を聞きました。どうもスタート地点から方向を間違っていたようです。

道がわかったので、その方向に進みます。弁財天トンネルまでの行程はところどころ道幅は狭くはなりますがほぼ2車線の常識的な道路で、岩場を抜けるなんてことは当然ありませんでした。早く気付けよって感じでしょうか。

結局1時間ほどかかって仏隆寺に到着。ほぼ最後の桜ということもあり結構な人で賑わっています。ちなみにトップの写真が千年桜です。

すでに先の方には葉が顔を出していましたが、ほぼ満開といって良い状態です。
ER-4n千年桜望遠
又兵衛桜ほど観光地ずれしていないところも魅力でしょうか。
少なくとも又兵衛桜では、どんな望遠レンズを使ってもバイクと桜のツーショットなんて不可能ですから。

でも、さすがにこの時期。風が少し吹いただけで桜吹雪が。
千年桜吹雪
来週には完全に葉桜になってしまうでしょう。
桜はまた1年間お預けということで。
でも今年は本当に色々な桜が楽しめました。


12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。