FC2ブログ

裸忍者の旅日記

通勤用に買い求めたバイクに魅せられて半年。よたよたしながらものんびり気ままに走っています。

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ツーリング  

ハーレー初体験

ハーレーと深野棚田
(スポーツスター)

 今回もバイクを借りてツーリングに行ってきました。毛色の変わったものを体験してみたいと思ったので、ハーレーを借りることに。ただし懐具合との兼ね合いもあるのでXL1200Cになりました。スポーツスターでハーレーを知った気になるなと怒られそうですが、それでもハーレーには違いないので体験したことにはなるでしょう。

 さすがに1200もあるのですさまじい加速ですが、ポジション的にはあまりスピードを求めるものでもないので、のんびり流す分にはとても気持ちがいいです。またバンクセンサーがすぐに当たってしまうので、小回りが利きません。借り物ということもあり、機嫌良く山道を流しているといきなりカリカリ鳴って、あわてて車体を起こし、それからはびくびくしながら慎重にカーブを曲がるといった感じになってしまいます。あと、音はとても大きいです。普段のER-4nが音が小さいということもあるのでしょうが、ノーマルでも近所迷惑を心配してしまうレベルです。トンネルに入って音が反響すると、後続車がいるのかと錯覚してしまいました。
 今回のツーリングはあまり無理をしないでおこうと思い、国道166号線を通って東吉野から高見峠を越えて深野の棚田まで行って帰ってくることにしました。出発時間が結構遅めだったので、大宇陀を越えて東吉野に入ったあたりで昼時となってしまいました。
 
キノコの館
(「きのこの館」さん)

 そこで東吉野の鷲屋にある「きのこの館」さんでお昼を頂くことにしました。このあたりは食べるところがそれほど多い場所ではないのでこういうお店は本当に重宝します。

きのこ御飯定食
(きのこ御飯定食)

 きのこづくしのお昼ごはんに大満足で、このまま家に帰ってもいいかという気にもなりましたが、そういうわけにもいかないので先に進みます。
 次は高見峠を越えて三重県へ。飯高洞窟美術館へと向かいます。高見峠より先は今回初めてだったのですが道も広く車もほとんどないのでとても快適にはすることができました。山の中をゆっくりと風を感じながら走るのには、ハーレーは本当に適していると思います。

洞窟美術館
(飯高洞窟美術館) 

 で、目的の洞窟美術館ですが現在松坂に新施設を建設しており、中は移転作業中なので本来は公開はしていないとのことでした。作業中でもよければということで中を見せていただくことに。

洞窟内部
(洞窟内部)

 知っている人には有名な飯高洞窟美術館もこれが見おさめということになるのでしょうか。中は半分ほどの展示物がすでに移動した後のようです。

夫婦観音
(夫婦観音)

 展示物の傾向はこういうのもあるとだけ言っておきましょうか。
 飯高から深野の棚田までは30分ほどで行くことができます。ちょうど田植えのシーズンなので棚田にはいい季節かもしれません。

深野棚田
(深野の棚田)

 帰りは368号線を通って曾爾に抜けました。一度通ったことがあるのでわかってはいたのですが、細い曲がりくねった峠道をハーレーで抜けることになってしまいました。

368号線
(368号線)

 調子に乗ってスピードを出すとどうしてもバンクセンサーが地面にあたってしまいます。本来は広い道をのんびり流すための乗り物をこんな道で使う方が間違っているとは思います。

 ハーレーを長時間運転するのは本当に今回が初めてでした。感想は「これはバイクではなくハーレーという乗り物だ」といったところでしょうか。この感覚にとりつかれるのもわかる気がします。最後に、スポーツスターを返した直後にER-4nに乗ると、すごくコンパクトに感じてしまいました。これを窮屈だと思えばハーレーから抜け出せなくなるのかもしれません。
(2011-05-16)
スポンサーサイト

Newer Entryヨーロッパドライブ~第3章 季節外れの旅人一人~

Older Entryヨーロッパドライブ~第2章 キャラメル片手に東へ東へ~

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。